【ひろゆき】の節約生活と節約術まとめ

最近、メディアで注目されている論破王こと、2ちゃんねるの創設者ひろゆきさん。

彼の生活費は、なんと月5万円ぐらいとのこと。

おそらく一生お金には困らないであろう、ひろゆきさんがなぜこんなに節約家なのか気になりますよね!

この記事では、そんなひろゆきさんの節約術に注目してみました。

この記事を読むとわかること

  • ひろゆきさんの節約生活
  • ひろゆきさんがおすすめする節約法
目次

ひろゆきさんはどんな生活をしている?

ひろゆきさんは、一体どんな生活をしているのでしょうか?

「節約しようと思っているのではなく、ムダ金を使うのが嫌なんですよね。お金を使うことがそもそも好きじゃない。1000円使うと、1時間働かなきゃいけないっていう気分なんです。高校生のときの時給が、僕はいまだに染みついているので」

参照:ひろゆきYouTubeチャンネルより(2020年8月18日配信)

配信でこのように語っているひろゆきさん。

では、彼の節約ぶりをもっと詳しく見てみましょう。

自炊派

ひろゆきさんは、外食するのは年に3回くらいだそうです。

このように、まるで主婦のような発言もしています。

「おいしいものを食いたいんだったら、スーパーに行って安い野菜を買うといいですよ。その時期に安い野菜って、旬の野菜なんですよ」

「スーパーでボロネーゼのソースのでかいやつで、1個150円ぐらいのものを買う。1食目は半分使って、次の日はエシャロットを刻んで炒めて、ボロネーゼ入れて。賞味期限が近くて割引で売っていた250gぐらいで2ユーロのひき肉を炒めて、ボロネーゼソースを混ぜてパスタにする。それでも余ったので、今日は大豆をお湯に入れてふかして煮て、大豆の上に(ソースを)かけて食う」

参照:ひろゆきYouTubeチャンネルより(2019年11月4日配信)

お酒はビール代が1300円/月

ひろゆきさんは、”スパチャ”ことYouTubeのスーパーチャットでライブ配信をしているのは有名ですが、

その配信中に毎回ビールを飲んでいます。

配信以外で飲むことはほぼ無いそうです。

さらに、ビールを飲む理由は、どんなに頑張っても1杯1000円以上はないから。

ワインはものすごくお金がかかるので飲まないそうです。

参照:ひろゆきYouTubeチャネルより(2020.8.18配信)

服はほぼ買わない

ひろゆきさんは、よくパーカーを着ていますが、どこのブランドか?と話題になりました。

そのパーカーは日本円でおよそ4万円。

めっちゃ高っ!と思いますが、このパーカーは機能性が高く、絶対にやぶれない、100年着られるという高品質。

本当によいものにお金をかけているのですね。

ちなみに、パーカーばかり着ている理由は、

  • 服を考えなくていいから
  • いつも同じ服を着ていると思われないように故意に衣装化している

スティーブ・ジョブズも同じ服を着ることで有名ですが、

着る服を決めて衣装化してしまえば、服を買うお金や服を決める時間などのコストを削減できます。

『安物買いの銭損ない』という言葉があります。

すべてのものが高ければよいという訳ではありませんが、よい服は長持ちするのでコスパもよくなりますね。

携帯電話は格安スマホを利用

ひろゆきさんは、要領の悪い人ほど携帯電話の料金が高くなるイメージがあると語っています。

スランスでは、格安スマホを使っていて月の携帯代は2,600円くらい。

さらにひろゆきさんは、大手携帯会社の値下げは一時的なものでいずれ高くなると言っています。

ひろゆき流節約法

では、ひろゆきさんが推奨している節約法をご紹介します!

投資よりも貯金

ひろゆきさんは、貯金することをすすめています。

その理由は、”考える力を落とさないため”とのこと。

ハーバード大学のセンディル・ムッライナタン経済学教授とプリンストン大学のエルダー・シャフィール心理学教授が本で

お金がないと思考力が低下するという実験結果を発表しています。

また、お金がない人はギャンブルで一発逆転を狙って大金をはたいたり、マルチ商法や怪しい儲け話にひっかかりがち。

お金に余裕があると気持ちにも余裕が生まれ、悪い人たちに騙されたり、カモにされにくくなります。

自己投資も大事ですが、まずは手堅く貯金することをおすすめしています。

生活の維持費を低くする

ひろゆきさんは、収入が増えても自分の生活の維持費を一定に保つことをすすめています。

収入が増えると、生活の水準を上げてしまいがち。

もっといい車に乗ろうとか、もっといいところに住もうとか。

収入が減っても生活の水準をあげてしまうとなかなか元に戻せません。

お金がなくても工夫次第で楽しく暮らすことは可能です。

リボ払いをしない

リボ払いは、大きな買い物をしたときなどに、月々の支払いの負担を減らせるので便利なサービスですが、

ひろゆきさんは、リボ払いを利用する人は頭が悪いとぶった切っています。

まず、利息が高額過ぎます。

リボ払いの利息は年利15%。

これは、消費者金融と同レベルです。

そして、いくら買い物をしても毎月一定の請求額しかきませんし、

毎月支払っているから大丈夫という安心感から、安易に利用してしまいがち。

未払い残高が把握しにくいので、知らぬ間に支払金額が高額になってしまう危険性があります。

私の知り合いで、夫の稼ぎが少なく、リボ払いで買い物を繰り返していたら、

借金が数百万になっていたという人がいました。

結局、この夫婦は借金が理由で離婚してしまいました。

無計画な人は、リボ払いを利用しないようにしましょう。

ムダな保険に入らない

ひろゆきさんは、民間の医療保険や生命保険に支払うくらいなら、その分貯金した方がよいと言っています。

健康保険に入っていれば、高額医療費制度があり、一定額以上は国が負担してくれます。

厚生年金や国民年金に入っていれば、遺族年金がもらえます。

日本の公的制度に入っていれば、ある程度は保障してもらえるんです。

民間の保険は、保険会社のビルの賃貸料や社員の給料、広告費などいろいろなものが価格に上乗せされており、

ほとんどのサービスが払った以上の金額を受けとることができず損します。

民間の保険は、頭のよくない人のおかげで成り立っているサービスだと言っています。

まとめ

今回のまとめです。

ひろゆきさんの節約生活

  • 自炊派で外食は年に3回くらい
  • お酒はビール代が月に1,300円くらい
  • 服はほぼ買わない(本当にいい服を長く着る)
  • 携帯電話は格安スマホを利用

ひろゆきさんおすすめの節約法

  • 投資よりも貯金
  • 生活の維持費を低くする
  • リボ払いをしない
  • ムダな保険に入らない

大金持ちなのに贅沢な生活をしていないひろゆきさん。

節約というと何かを我慢するイメージですが、自然にお金を掛けない生活が身についています。

お金を稼ぐようになってもずっと同じ金銭感覚を持ち続けているのはすごいですよね!

最後まで読んで下さりありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次